レーシックの仕組みを確認してみましょう

社会生活を送る上で重要になるのが安定した視力ですが、
現代人は視力が低下傾向にあると言われています。

下がってしまった視力を回復させる為にはレーシックが有効ですが、
どういった仕組みによって視力がアップするのか分からないという方も多い
のではないでしょうか。

レーシックの仕組みについてですが、まず視力というのは水晶体の厚みに
よって調整されています。
水晶体というのはいわばカメラのレンズと同じ機能を持つ器官の事です。

水晶体の厚みを調整する事によって対象物にピントが合い、クリアに見えると
いう訳ですが、水晶体の厚みというのは毛様体筋によって調整されています。

しかしながら毛様体筋は徐々に衰えてしまう筋肉です。
原因としてはテレビやゲーム、パソコン、本などが挙げられます。

例えばテレビをずっと注視する場合、網様体筋が疲労し、そして凝り固まった状態
になります。
それゆえに水晶体の屈折率が悪く、正常にピントを合わせる事ができなくなり、
それが視力が低下した状態です。

レーシックを考えるほど視力が低下する前になんとかしたいものです。
子供でいうと仮性近視の状態ですね。仮性近視のことは、仮性近視博士のサイトに
詳しく書いてあります。

そしてそんな状態を改善する為に有効なのがレーシックです。
レーシックの手術の際には角膜の表面を薄く削りますが、
角膜の表面を削る事によって屈折率が変化します。

屈折率が変化する事によって、対象物にピントが合うようになりますので、
それによって視力がアップするという仕組みです。

簡単に視力をアップさせる事ができる手術ですので、近年では高い人気があり、
著名人をはじめ一般の方も沢山手術を受けています。