レーシックを受けられる年齢の制限

レーシックをうけるときには、年齢制限もありますので、
この点の基準を満たしているのか確認しておくとよいでしょう。

施術を受ける時、未成年者の方は受けることはできません。
成人していない方については、まだ目の成長途中の段階になるため、
施術を受けても十分な効果を得ることができなくなってくるからです。

また、目の角膜の状態が大人に比べて安定していませんので、
安全性について考慮した場合、20歳を超えてからの施術となってきます。

成人することで、角膜の状態も安定してきますのでレーシックの施術を
受けることができるのですが、50歳以上の方は、老眼や白内障にかかる
確率が高くなってきますので、これ以上の年齢の方も基本受けることは
できません。

老眼になると、水晶体の働きが衰えてしまいますので、いくら角膜の
状態を修正しても視力が変わることはなくなってきます。

白内障についても、水晶体の濁りが起こってくるため、角膜の治療を
行っても、状態が改善することは難しくなってくるのです。

レーシックについては、年齢によっても制限があるのですが、
20歳以上でも目の成長が続いている方もいますし、50歳以下でも老眼が
始まっていたり白内障を発症されている方もいます。

このように、目自体に問題が出ている時には、年齢に限らず施術を受ける
ことはできませんので、注意してみるとよいでしょう。

目の状態を正しく見分けるためにも、施術を受ける病院で詳しい検査が
必要となってきます。