レーシックと飛蚊症の関係とは

飛蚊症とは、視界に糸くずや黒や白い影、蚊のようなものが見え、
それらが動き回って見える症状のことです。

明るい場所で白いものや空を見た場合に現れることが多く、
加齢によって自然に発症するものと考えられています。
特に、強い近視の方がなりやすいと言われています。

目の機能に問題を与えることはありませんが、加齢以外にも、
網膜剥離や糖尿病網膜症など、重大な病気にかかるサインとして
あらわれることもあるため、眼科での受診することが大切です。

飛蚊症は病気が原因でなければ、レーシック手術を受けることは可能です。
加齢などの生理的要因の場合は、多くの場合、硝子体の中が混濁することで起こり、
虫や糸くずのような異物が見えるのです。

レーシック治療は角膜に施術を行うため、硝子体に影響を与えないため、
レーシック手術が可能です。

ただ、自分は、生理的要因なのか、病的要因なのかは医師の判断が必要になるため、
自己診断せず、眼科で診察を受けましょう。

手術を受けた人の中には、症状が軽減したというケースもまれにありますが、
基本的に改善することはできません。

また、レーシック手術を受けることで、飛蚊症になるというケースもあります。
ただ、レーシック手術によるものなのか、関係性は立証できていません。
現在、飛蚊症は病気ではなく、老化現象のひとつと考えられています。

そのため、レーシック手術後に症状が現れてしまっても、
医療機関による失敗とは考えられないため、責任を問うのは困難です。