レーシックを受けたスポーツ選手も多い

視力の悩みを持っているスポーツ選手も多い

視力が低い悩みを持っているのは著名なスポーツ選手も同様です。
特にスポーツをする場合、視力が低いと成績に直結してしまう事がありますので、
視力の低さは死活問題とも言えます。

それゆえスポーツ選手の中にはレーシックを受けて対策されている方も多いのですが、
どういった方が手術を受けているのかと言いますと、特に有名なのがタイガーウッズ
さんではないでしょうか。

タイガーウッズさんはプロゴルファーとして有名な人物ですが、
視力を回復させた事によってメジャー大会にも優勝したという経歴があります。

特にゴルフの場合は小さなカップを狙ってショットする訳ですので、
ある程度の視力というのは必要不可欠です。

それゆえ視力を回復させる事で成績がアップするのは十分にあり得ると言えます。
他にもゴルフ繋がりとして東尾理子さんもレーシックを受けています。

東尾理子さんは最近人気があるタレントですが、本来はプロゴルファーとして活躍されて
いた方でありレーシックも受けています。

やはりゴルフは目が大切という事もあり、レーシックを受ける方も多いのでしょう。
続いてレーシックを受けたスポーツ選手として挙げられるのがサッカーの本田圭佑さんです。

本田圭佑さんは日本代表として活躍するのはもちろん、海外リーグでも活躍されている
サッカー選手の中でも特に有名な選手です。
サッカーも精度が重要なスポーツですので、レーシックを受けてからプレーにもより
一層の磨きが掛かっています。